専門業務型裁量労働制でも残業代の請求ができる

専門業務型裁量労働制は、システムエンジニア、プログラマー、デザイナーといった専門的な業務についている人に対して適用されていることが多いです。 続きを読む 専門業務型裁量労働制でも残業代の請求ができる

専門業務型裁量労働制は残業代の請求が可能なのか

専門業務型裁量労働制とは、労働基準法第38条の3に基づく制度であり、業務の性質上、業務遂行の手段や方法、時間配分などを大幅に労働者の裁量にゆだねる必要がある業務として、法令により定められた19業務の中から、対象となる業務を労使で定め、労働者を実際にその業務に就かせた場合、労使協定であらかじめ定めた時間を労働したものとみなす制度です。 続きを読む 専門業務型裁量労働制は残業代の請求が可能なのか

専門業務型裁量労働制の残業代請求方法

長時間労働や不正な人件費削減の温床になっている場合がある専門業務型裁量労働制は実際には残業代を請求できる状況もあるため、残業時間に対して支給額が少なすぎるときは諦めずに対処できないか調べましょう。 続きを読む 専門業務型裁量労働制の残業代請求方法